胃腸風邪のときの飲み物

子供が胃腸風邪にかかったらその4

胃腸風邪にかかったとしても、その症状が激しい下痢だけであった場合、もし
くは嘔吐は最初だけで、その後、落ち着いている場合には絶食の必要はないで
しょう。
これは、子供に関してだけでなく、大人でも同じです。絶食をするのは、食べ
たものをすぐに吐き戻してしまう場合だけで良いでしょう。嘔吐をすると思い
のほか体力を使いますし、苦しさも募ります。
大人の場合はお手洗いで嘔吐すれば済みますが、小さなお子様はそれも出来ま
せんから、ウィルスがお部屋の中に飛び散ってしまうことにもなります。嘔吐
の回数が少なければ、それだけご家族に感染する確率を低く抑えることもでき
るでしょう。
さて、絶食についてですが、胃腸風邪の場合には、下痢だけなら食べた方が良
いと言うにはそれなりの根拠があります。早めに食事を与えた方が、後々の体
重の戻りが早いという統計結果もでていますし、食事を与えたほうが水分補給
も少なくて済んだという結果も出ています。
食事の中には、意外と多くの水分が含まれていますし、塩分もそれなりにあり
ますから、そのような結果となったのでしょう。また、下痢だけの症状の場合

には、ご飯もお粥である必要はありません。
絶食などでお腹を休ませてしまいますと、胃腸の粘膜が委縮して消化吸収力が
低下するということですので、かえって下痢を悪化させることにもなるようで
す。
実際に、嘔吐が無ければそれほど食欲の低下も見られないと思いますので、食
べられそうな場合には食べておいた方が回復が早いということですね。
子供が胃腸風邪にかかったらその4